中田美穂 (なかたみほ)ビオラ バイオリン 演奏・レッスン

Official Web Site

mihonakata.com

音楽のイメージのオーナメント

ヴィオラ 中田美穂  Miho Nakata

ヴィオラ 中田美穂の写真

京都出身。京都市交響楽団コンサートマスターであった西村順吉氏よりヴァイオリンの手ほどきを受ける。小栗まち絵、田川佐麻里の各氏の下で学び、1999年相愛大学音楽学部弦楽器専攻入学。ソロ・室内楽を学び、卒業演奏会など多数選ばれ出演。卒業後、ヴィオラ奏者である大山平一郎氏との出会いからヴィオラに転向。NY州アマティミュージックフェスティバルにて「Promising Young Artist
Award」受賞。Roland Vamos氏、大島路子氏に学ぶ。2003年より長岡京室内アンサンブルメンバーとして参加。渡欧し、森悠子、アキ・ソリエール各氏の下でヴィオラ及び室内楽の研鑽を積む。ブルージュ・フィンランド等の音楽祭、数々の演奏会に出演。アメリカ・シカゴで開催された「日米通商150年記念・ジャパンフェスティバル」、NHK総合TV「藤田嗣治と時代の響き」、NHKシブヤらいぶ館「歌のない音楽会」等にも出演。 2008年大山平一郎・尾高忠明の両氏の指揮により協奏曲を共演。古楽の分野にも興味をもち、成田寛、鈴木秀美の各氏のもと研鑽を積む。2014年より「Zaza
Quartet」のメンバーとして、「ベートーベン弦楽四重奏曲全曲演奏」にも取り組んでいる。「ヴィオラスペース2016 バロックへの回帰」に出演。小中学生へのアウトリーチ活動や、自身も3児の母ということから、未就学児を対象にした母と子のコンサート等にも熱心に活動している。

植物のイメージ